支援物資の配布活動

支援物資の配布活動が続けられています。(以下引用)

11月5日、ワン県のギョリュ村に、各世帯の名前を読み上げる村人のタキン・カダシュさん(40歳)の声が響き渡りました。ワン県の中心部から車で25分ほどのこの村では、約8割の家が全壊したり壁にひびが入るなどの被害を受けており、今もテント生活を送る人が多くいます。私たち難民を助ける会の緊急支援チームは、この村の70世帯を対象に支援物資を配付しました。物資の内容は、米や油、塩や砂糖、豆などの食料品と、下着や洗剤などの生活必需品です。[広告]サラリーマンの街で遊ぶなら新橋 デリヘルに行こう!

支援物資を受け取りに家族で集まってきた村人たちは、カダシュさんが自分たちの名前を呼ぶのを広場で静かに待っていました。このあたりは日本よりも日没がずっと早く、午後3時ともなると日暮れ時です。広場の前に建つモスクには夕陽が当たり、地震で割れた窓がよく見えます。私たちが支援物資を手渡すと、村人たちは「ありがとう」とにっこりしながら受け取って帰って行きました。親と一緒に来た小学校低学年の男の子たちは、「ぼくも運べるよ。重たくないもん」と言いながら、支援物資の詰まったかごを懸命に持ち、5、6メートルごとに休みながら帰って行きました。
関西地域・大阪 デリヘル情報では、女性出勤・クーポン情報等、掲載されています。

この村の区長を務めるサーイト・スィダルさん(70歳)は、笑顔で私たちにお礼を伝えてくれました。「日本からこんなに遠いところまで来てくれるなんて。神の御名の下に深く感謝します。ありがとう、ありがとう、ありがとう」。[PR]最高のサービスなら上野 デリヘルがオススメですよ

ワン県の郊外にある村々には行政の支援が届き始めたようですが、逆にワン市中心部の貧しい人々にテント以外の物資がなかなか届いていないという声を多く聞きました。難民を助ける会では、今後そうした人々にも支援物資を配付する予定です。

(CNN) トルコ東部で現地時間の9日午後9時23分ごろ、マグニチュード(M)5.7の地震があり、当局者によると少なくとも4人が死亡、50人以上が生き埋めになっている。
[神奈川広告]湘南・川崎・黄金町・横浜 デリヘルのナイト情報!!おすすめ!!

トルコ政府の対策本部によれば、がれきの中からこれまでに16人が救出された。
米地質調査所(USGS)によると、震源は東部の町ワンから約16キロ南部、震源の深さは4.8キロ。
国営テレビTRTによると、ワンではホテル2棟と学校1棟を含む少なくとも18棟の建物が倒壊した。ホテルの倒壊現場からは13人が救出されたという。

現地からの映像には、ワンの高層ビルが倒壊したとみられる現場で、住民や救助隊が夜を徹して照明を頼りにがれきの中から生存者の捜索を続ける様子が映っている。

国営アナトリア通信によると、首都アンカラでは航空機5機で救助隊をワンに派遣する準備を進めている。現地ではM4.4の余震も発生したという。
ワンの一帯は10月23日にM7.2の地震に見舞われ、500人以上が死亡するなど壊滅的な被害が出ていた。

 

今日風俗であそぶなら~デリヘルよるとびネット